八極功武会

・「師範の独り言」Blog ←Click New!!

INFORMATION

ご案内
・八極拳 八極功武会のご案内
・中国伝統の実戦武術を身に付けたい
・厳しい練習を通して自信をつけたい
・正しい指導を受けて、確実に向上したい
・名前だけでなく、本物の八極拳を修得したい
練習生募集中
八極功武会では八極拳を学びたいすべての方々を募集しております。男女年齢を問わず気軽にお問い合わせください。未経験者・初心者より無理なくクラス別に段階指導いたしております まずはお問い合わせを!  こちらから
試合に参加してみませんか?
八極拳や中国武術だけではなくたくさんのすばらしい武術・武道と交流をしたいと考えています。八極功武会では年一回武術大会を開催しております。団体はもちろん個人の方の参加をお持ちしております。    こちらから
八極拳
八極拳、そして八極功武会に興味を持たれた方は、まず練習を見学されることをお勧めしますまた次のような考えをお持ちの方も練習を見学されることをお勧めします。
シンボルマークについて
八極功武会のマークの○は封手をあらわし中にある八角形は四方八方に爆発する発勁をあらわします。中央のらせん状の矢印は劈掛をあらわします。すなわち相手の攻撃に対し封手しながら寸勁で打ち詰まったら自ら回転又は回り込み直線の欠点をおぎなうという理想の動きをあらわしています。 八極功武会では「劈掛で入って八極で・・」というありふれた理想とは違い八極の中に劈掛を取り込むことを目標とします。

八極功武会が練習する中国武術「八極拳」の紹介。八極拳の情報や八極拳の練習内容を写真付きで解説するほか支部の紹介を掲載
八極功武会

八極功武会では、代表である桃木賢先生の指導の元、李書文・霍殿閣系統の八極拳を練習しています。練習は多少厳しいところがありますが、続けることによって必ず成果が現れます。現在、八極拳は大変有名になり、入門希望者も多いようです。しかし武術として学ぶ場合、独学練習では身につくものが殆どありません。指導者について正確な技法の指導を受け、相応の厳しい練習を行うことが要求されます。八極功武会では、「武術の功夫を高めること」を第一としています。練習を続けることによって確実に功夫が身に付き、強くなっていきます。支部は関東地方に数カ所あります。合同練習として年に1回の合宿のときは「冲捶連続千本突き」など非常にハードな集中練習が行われます。

武道や格闘技の練習には、えてして過激なイメージがつきまといますが、八極功武会では全くの未経験者に対して無理な要求をすることはありません。初心者・未経験者にはわかりやすく指導を行っています。そして常に指導者の目が行き届いた状態で、各自レベルにあわせた練習が用意されています。初心者のうちから相対練習を行い、対人感覚・技術を身につけます。また対人練習でなければ身に付かない技術もあります。もちろんレベルを考慮して行います。

inserted by FC2 system